1. 岐阜カンパニー
  2. 【ギフまるけ!】アパレル編 vol.2 カワボウ繊維株式会社

岐阜カンパニー岐阜カンパニー time2021/03/03 08:48

【ギフまるけ!】アパレル編 vol.2 カワボウ繊維株式会社

#ギフまるけ #地元企業 #アパレル #岐阜応援プロジェクト #youtube

【ギフまるけ!】アパレル編 vol.2 カワボウ繊維株式会社

【ギフまるけ!】アパレル編では、アパレルのまち「岐阜」の魅力を全国に発信するため、MAG!C☆PRINCEやHi☆Fiveの皆さんが、岐阜市近郊の紡績工場から企画デザインを行う現場まで実際に訪れ、アパレルの全てに迫ります! そして、その様子をYouTubeで配信!

MAG!C☆PRINCEの平野泰新さんが「カワボウ繊維株式会社」を訪問!

ギフまるけ!アパレル編 第2回目は、MAG!C☆PRINCEの平野泰新さんが、関市武芸川町にある「カワボウ繊維株式会社 武芸川工場」を訪問!

実際に糸ができるまでの工程を見学させていただきました。

糸がどのようにして出来上がり、どういう想いでつくられているかを、皆さんにご紹介します!

岐阜の伝統工芸品である「美濃和紙」を使った珍しい糸も見せていただき、その糸で作った靴下に興味津々の平野さんでした!

素材から糸ができあがるまで

皆さん、綿や羊毛から糸が作られるのはご存知でしょうか?

今回、カワボウ繊維の工場では、いくつもの機械によって繊維になるまでの工程を、順番に見せていただいています。

 

こういう素材が…

MAG!C☆PRINCEの平野泰新さんが、関市武芸川町にある「カワボウ繊維株式会社 武芸川工場」を訪問!

 

こんなに細く!? 驚きの平野さん。

MAG!C☆PRINCEの平野泰新さん「カワボウ繊維株式会社 武芸川工場」で紡績加工を見学

 

高品質を保つには、機械と手作業の両面から、高度な技術が欠かせません。

特殊技術をもったカワボウ繊維だからこそ、様々な製品を開発されています。

カワボウ繊維株式会社 武芸川工場の紡績機

特殊技術で美濃和紙が糸に

美濃和紙(みのわし)は、岐阜県で作られている和紙で、薄さと丈夫さを兼ね備えた美しい紙です。手漉きで作られる品質の高い美濃和紙は、ユネスコ無形文化遺産に登録されている伝統工芸です。

その美濃和紙を使って、カワボウ繊維株式会社さんは糸を開発されました。美濃和紙の特性を生かし、軽くて優しい肌触りとなっています。

この糸で作った靴下は、通気性と保温性を兼ね備えた質の高い製品です。

今や日常に欠かせない、マスクの製品まで!

カワボウ繊維にて、美濃和紙の糸で作られたマスクに興味津々の平野泰新さん

今回の取材動画はこちら!

YouTubeチャンネル「ギフまるけ!」で配信しています。

 

岐阜アパレルの魅力をわかりやすくお伝えするために、この後もMAG!C☆PRINCEとHi☆Fiveの皆さんが工場での生産工程などを取材し、動画をアップしていきますので、ご期待ください!

MAG!C☆PRINCEの平野泰新さんが「カワボウ繊維株式会社」の方と対談

 

今回取材に訪れた「カワボウ繊維株式会社 武芸川工場(紡績)」について

カワボウ繊維株式会社では、ユニフォーム、婦人、紳士衣料向けの、他社にはない特殊糸を扱っています。

紡績とは、繊維を紡ぎ、糸の状態にすることを指します。カワボウ繊維株式会社は日本一を誇る高度な技術と設備によって、多品種の糸を生産しています。近年では衣料分野にとどまらず、様々な分野への販路拡大を積極的に行っています。

  • ■社名:カワボウ繊維株式会社 武芸川工場
  • ■所在地:〒501-2601 岐阜県関市武芸川町谷口222-1
  • ■Webサイト:http://www.kawabo.co.jp/

世界トップレベルの紡績技術

日本の紡績技術は世界トップレベルです。

その中でも日本一の技術と設備を備えているのがカワボウ繊維の工場です。

紡績がなければ服は存在しません。欠かすことのできない必須の工程であり、今後も進化し続ける技術です。

まさに岐阜が誇れる企業です。

前回の取材はこちら!

related
関連記事

recommend
おすすめ記事

トップに戻る

photo

岐阜情報メディア TonyaEXPO net

TonyaEXPO netでは岐阜駅前問屋町から岐阜の魅力を発信します。岐阜駅前の問屋町、岐阜の企業、岐阜のイベント、岐阜の人、もの、ことを紹介していきます。