1. 岐阜カンパニー
  2. 岐阜カンパニー 第1弾【㈱ディマンシェ 】さん

岐阜カンパニー岐阜カンパニー time2019/10/07 10:11

岐阜カンパニー 第1弾【㈱ディマンシェ 】さん

#企業 #岐阜

岐阜カンパニー 第1弾【㈱ディマンシェ 】さん

こんにちは!TonyaEXPO実行委員会です(^^)

 

岐阜を拠点にされている企業をご紹介する「岐阜カンパニー」記念すべき第1弾!

ディマンシェ

                (↑こちらの写真は岐阜市河渡にある岐阜ショールームです)

 

まず最初に伺ったのは、カーテンを始めインテリアをトータルでコーディネート、岐阜市寺田にあるディマンシェ岐阜本部にて常務取締役の三輪里佳さんにインタビューしました。

           

TonyaEXPO実行委員会(以下TonyaEXPO)≫(株)ディマンシェさんはどのような会社なのでしょうか。

 

昭和30年、創業時には生地の織元として商社などに販売しておりました。

現在、『ディマンシェ』では織元のノウハウを生かして、問屋や小売店を経由せず、自社で生産した商品を製造直売することで、より良い製品をお値打ちに直接お客様にお届けできることを強みとしています。

現在は姉が社長として名古屋店、岡崎店、四日市店、浜松店と店舗を増やし、平成28年には東京自由が丘店、今年8月には大阪にも店舗を構えました。

 

TonyaEXPO≫こちら岐阜本部は工場が併設されているのですね。

 

はい、こちらは縫製工場を併設しています。

『シェード』というカーテンがありますが、こちらの商品はどうしてもお値段が高くなる商品ですが、ここで縫製、組立まで行いますのでお値打ちとなっています。

 

TonyaEXPO≫現在、社会において女性活躍が推進されています。御社でも多くの女性が活躍されているとお聞きしました。働き方改革について御社の取り組みを教えてください。

 

わが社は女性の多い職場で…新卒で採用してもだいたい3年くらいで結婚や出産などで離職が多くてなんとかならないものかと考えていました。

営業職に就いてると結婚しても働けるかどうか不安ということも聞いておりましたので、会社としても考えていかなければいけないなということで『分業制』を取り入れることにしました。

 

TonyaEXPO≫分業制というと、具体的にはどのようにされたのでしょうか。

 

元々、職種としてはあまり種類はなくて営業(コーディネート職と営業職を合わせたもの)しかなかったのですが、それを営業職、コーディネート職に分け、発注は岐阜で一括して行うようにしたのです。

営業とコーディネート職どちらもという選び方もできますし、営業が苦手だけどコーディネートが得意な場合はコーディネーターの専門職として働くこともできます。

そうすることで、出産後に職種を選べることで復職しやすいイメージができるようになったと思います。

最近では成果が形となってきていて産休育休を取得後に復帰し仕事をしている先輩の姿を見て、結婚出産を理由に離職することはなくなりました。

 

また、システムを導入したことも大きいですね。見積、発注、請求書作成業務にかかる時間が短縮され残業時間を減らすことができました。さらにそのシステムは21:00には使えなくなるようにして帰宅するよう促しています。

また、プランニングボード(カーテンや照明の提案時に分かりやすく記した提案書)を統一化したことで、作成手順を身につけるまでが早くなったこともあります。

 

TonyaEXPO≫分業制により人員を増やすことやシステムを取り入れることによって生じるコストの問題はどうしたのですか?

 

残業代って高くないですか?それよりも事務職の方に来て頂いたほうが、営業の負担が減り、生産性が上がることでより良い仕事ができるようになりました。

良い仕事ができれば、お客様は紹介してくださって次の仕事に繋がりますし、そこを意識していくことで長い目で見れば最初の経費が掛かったとしても、徐々に売り上げも上がり、この体制でこの人数でいけることも分かったので得られたものも大きいですね。

残業が少なくなることで離職率も下がり採用コストも下げることができました。

 

TonyaEXPO≫女性が働きやすい職場になることで、生産性や質の向上まで得られたのですね。成果も得られていてとても素晴らしいです。

続けられるようになったことで多くの女性が活躍されていると思いますが、役職のある女性はどのくらいいらっしゃいますか?

 

約6割が女性です。点数制で分かりやすくキャリアアップの仕組みを作っているので意欲的に仕事をしてくれています。

いろんな仕事が選べるようになったことや休みやすい環境になったことで、前向きな発言が多く聞かれるようになりましたね。

 

TonyaEXPO≫それでは、最後に我が町『岐阜』の魅力を教えてください。

 

私は岐阜で生まれ育ちましたので、やはり岐阜が好きですね。自然豊かで水がおいしいし、東京にも大阪にもさっと行けます(笑)

また、川原町辺りの古い町並みの雰囲気も好きです。

今後、『岐阜』をアピールするとしたら、海外でも体験型の旅行が増えているので岐阜でも取り入れてはどうでしょうか。

自然が豊かなので自然を活かしたアクティビティ、例えば「金華山をジップラインで降りてこられたり」頂上にお城があるので武士とか忍者とか子供たちや海外の方が好きそうな事をうまく関連付けさせると面白そうじゃないですか?

あとは「田んぼの泥をいかしたアクティビティ」とか楽しそうですね。

せっかくの自然を十分味わうとしたら、やはりアクティブ系の施設などがあったらいいなと思います。

 

TonyaEXPO≫ありがとうございます。岐阜の豊かな自然や文化を多くの方へ届けていけるよう頑張っていきます。

 

製造直売ということで、伝統あるしっかりとしたものを届けて頂けるという、信頼のおける会社で、是非我が家でもリフォームする際にはコーディネートをお願いしたいなと思いました。

 

↓株式会社ディマンシェさんの詳細はこちらです。

住所:岐阜市寺田7丁目101

Tel:058-253-3211

Webサイト:http://www.dimanche.co.jp/showroom.html

常務取締役 三輪 里佳さん

comment
コメント

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。

related
関連記事

recommend
おすすめ記事

トップに戻る

photo

岐阜情報メディア TonyaEXPO net

TonyaEXPO netでは岐阜駅前問屋町から岐阜の魅力を発信します。岐阜駅前の問屋町、岐阜の企業、岐阜のイベント、岐阜の人、もの、ことを紹介していきます。